コルヒチン

痛風発作を抑える内服薬コルヒチン

痛風の発作を抑えてくれる効果が期待されます、コルヒチンという錠剤の内服薬があります。

 

 

主な成分がイヌサフランという植物の種子や球根に含まれている、コルヒチンという物質になります。

 

 

痛風の発作は、関節内に尿酸結晶が析出して、白血球が尿酸結晶を攻撃することで関節内に炎症が起きて、腫れや激しい痛みが現れるとされています。

 

 

コルヒチンは、白血球の作用を弱めて痛風の発作を防いでくれるといいますので、患者さんの症状にあわせて医師が処方する内服薬になります。

 

 

通常成人の場合ですと、コルヒチンとして1日3mg〜4mgを、6回から8回に分けて服用することとされており、医師の診断によっては適宜増減されます。

 

 

発病の予防としましては、通常成人にコルヒチンとして1日0.5mg〜1mgとされていて、発作の予感時には1回0.5mgの服用が認められています。

 

 

痛風の発作が現れたなら、コルヒチンを早く服用することで高い効果が得られるといいますから、医師からの指示通りに用法と用量を守って、痛風の発作の緩解と予防を行いたいものです。

 

 

コルヒチンは、他の薬剤との飲み合わせに注意が必要になりますから、医師や薬剤師に服用中の薬をしっかりと伝えましょう。