コルヒチン

高尿酸値で痛風になったときに飲む痛みを和らげる薬コルヒチン

風が吹いただけでも痛いというほどの激痛に襲われるのが、痛風発作です。

 

 

高尿酸値だと痛風になりやすいと言われていますが、尿酸値が高くても、必ずしも痛風発作が起こるわけではありません。

 

 

高尿酸値が続くと、関節に尿酸の結晶が蓄積します。これが急激な尿酸値の低下や衝撃などの刺激を受けて剥がれ落ちることがあります。

 

 

剥がれ落ちた尿酸結晶を白血球の一種である好中球が取り込むと、炎症作用のある物質が放出され、痛風発作特有の激痛に襲われてしまいます。

 

 

発作が起こりやすい部位は、足の付け根などですが、こういう部位には好中球が全身から集まりやすくなっています。

 

 

これを白血球の遊走と言います。

 

 

痛風治療薬のコルヒチンは、この白血球の遊走を阻害する薬です。

 

 

発作が起きた時や、起きそうな時に服用することで、症状を軽減させることができます。

 

 

コルヒチンそのものには消炎・鎮痛作用はないので、炎症や痛みを抑えるには解熱鎮痛剤など他の薬の服用が必要です。

 

 

また、コルヒチンは尿酸を代謝させて排出するような作用もないので、高尿酸血症を改善させるには、尿酸生成抑制剤や尿酸排泄促進剤などの薬を使用する必要があります。

 

 

痛風発作予防として長期間コルヒチンを服用することは、腎障害や血管障害、脱毛などのリスクがあるので、推奨されていません。