コルヒチン

痛風発作の特効薬と呼ばれる内服薬コルヒチン

コルヒチンは痛風発作の特効薬と呼ばれる飲み薬で、発作が起こる直前や予兆、前兆といった患部が疼いたり、違和感がある時に服用すると発作を未然に防ぐことができます。

 

 

飲むタイミングが早ければ早いほど効果が高いのに反し、すでに発作が起こってからではあまり効果がないという特徴を持ちます。

 

 

インフルエンザウイルスの薬と同じようなもので、初期症状までに有効な薬とされます。

 

 

痛風は体内に溜まった尿酸が結晶化し、身体中のあらゆる関節部分に留まることで痛みを生じるようになります。

 

 

本来ならこの程度ならそれほど痛みは感じないのですが、白血球が異物と判断して攻撃を行うことで過剰な痛みを誘発して、炎症を起こすようになります。

 

 

つまり初期症状は尿酸が結晶化して関節に留まるという時点、次に白血球が関節に集まってくるのがその後の症状となります。

 

 

コルヒチンは白血球が関節部位に集まるのを抑制する作用があるので、初期を超えて炎症を起こした状態では、ほとんど意味のないものとなります。

 

 

こうなると鎮痛剤などに頼って、自然治癒力に頼ることになるため、症状が起こりそうだと感じたらすぐに診察を受ける必要があります。

 

 

医薬品はどんなものでも副作用のリスクがありますが、コルヒチンは非常に強い薬のため、下痢や嘔吐、腹痛といった副作用が起こりやすいです。

 

 

服用過多では呼吸困難を起こすこともあるので、服用時は医師の指導に従って使用するようにしましょう。