コルヒチン

コルヒチンは痛風の症状を軽くするお薬

コルヒチンは、はやく飲めば飲むほど痛風の症状を軽くできる薬です。

 

 

発作が起きて時間が経ってから使ってもあまり効果は得られないのが特徴です。

 

 

白血球が発作が起こりやすい部位に集まる(白血球の遊走)を防ぐことで、痛風を改善させます。

 

 

痛風発作は、高尿酸値が続いて関節内に尿酸結晶が析出してしまって、それが剥がれ落ちて白血球が攻撃することで起こります。

 

 

白血球が尿酸結晶を取り込んだり攻撃すると、炎症作用がある物質が放出されるので、炎症が起きてその部位が痛んだり腫れたりします。

 

 

コルヒチンは白血球に作用する薬で、白血球の働きを弱める作用があります。

 

 

これにより発作部位の尿酸結晶の取り込みや攻撃が少なくなり、炎症を抑えることができます。

 

 

コルヒチンは、痛風のときの特効薬として使えます。

 

 

発作が起きそうだと思った時に飲んだり、発作が起きてすぐに飲めば高い効果が期待できます。

 

 

デメリットは、コルヒチンは毒性を持つ物質だということです。

 

 

長期間摂取した場合の副作用として、血管障害、腎障害、脱毛、などが起こることがあります。

 

 

コルヒチンはこのようなデメリットがあるため、長期間にわたる服用は勧められていない痛風の症状改善薬です。