コルヒチン

痛風の症状を抑えるお薬コルヒチン

コルヒチンは痛風の症状を抑える効果が期待できる薬です。

 

 

痛風は関節に溜まった尿酸が原因となり、痛みや腫れを起こしてしまうのが主な症状です。

 

 

血液中の白血球は細菌等に対して攻撃をしてその作用を抑える働きが期待出来る物ですが、細菌ではなく尿酸に対して攻撃を与えてしまう事によって痛みなどが生じます。

 

 

コルヒチンはそうした白血球の攻撃を最小限にする働きが期待できる薬で、痛風の治療の初期段階等に利用される薬です。

 

 

ただ、実際に服用する場合はアレルギーや妊娠中の人は医師に申し出て指示を仰ぎます。

 

 

また肝機能に障害がある場合は薬の分解排泄が健康な肝臓の人に比べると遅くなってしまう為、薬の作用が強く出てしまう場合があります。

 

 

従って、体調・体質に合わせて薬は増量・減量します。

 

 

また増量する場合も、過剰に摂取してしまうと思い中毒症状が起きてしまう可能性があるため、一気に大量に飲む薬ではありません。

 

 

医師の指示に合わせて利用する事、また常時利用するのではなく発作時の実に利用します。

 

 

長期利用によって肝機能に影響が出たり、抜け毛や血液障害を起こす可能性があるからです。

 

 

副作用としては口内炎やだるさ、発熱等があります。

 

 

また手足のしびれを感じる場合等も有りますが、適量を摂取している場合副作用が強く出るという事はそれ程ありません。