コルヒチン

痛風の発作が起きたときに飲む薬コルヒチン

痛風の患者に処方される薬の中に、コルヒチンという薬があります。

 

 

コルヒチンとは、イヌサフランという植物の種子の成分です。

 

 

これが薬として服用され始めたのは大昔で、歴史上最古の痛風に対する薬とも言われています。

 

 

痛風は、関節にたまった尿酸が原因で引き起こされます。

 

 

尿酸は、不要になったDNAを分解する際に老廃物として生成されます。

 

 

高尿酸血症とは、この尿酸の数値が高くなった状態をいいます。

 

 

これが進んでいくと、体内には尿酸の結晶ができてしまいます。

 

 

痛風の発作は、白血球が尿酸の結晶を異物、敵とみなして攻撃することによって引き起こされます。

 

 

激しい痛みは、風が吹くだけでも激痛が走ると例えられ、この病名がつきました。

 

 

コルヒチンは、白血球が関節の中に入るのをおさえる薬です。

 

 

痛風の発作の初期症状に服用すると、効果を発揮します。

 

 

その効果を実感した方は、痛風と診断されます。

 

 

また、痛風だけではなく、ベーチェット病に使われることもあります。

 

 

ベーチェット病は慢性再発性の全身性炎症性疾患です。

 

 

上述のように、白血球をおさえる作用があるため、ベーチェット病によって発生した炎症を抑える効果が期待できます。

 

 

痛風に対しては、漫然と使用せず、発作に関連した時に服用します。

 

 

医師の指示のもと、正しい服用方法を守って使用してください。