コルヒチン

痛風の痛みを軽減してくれるお薬コルヒチン

コルヒチンとは、ユリ科のイヌサフラン種や球根などに含まれているアルカロイドをもとに作った、一般的に痛風の発作を予防するときに使われる薬です。

 

 

コルヒチンは白血球のはたらきを抑える作用があるので、服用することによって痛風を予防、症状の軽減をしてくれます。

 

 

痛風のときは尿酸の値が非常に重要になってきます。

 

 

尿酸とは簡単にいうと、体内で不要になったDNAなどが分解されたときに生成される老廃物です。

 

 

血液中でこの尿酸の値が高いと、高尿酸血症という病気と診断されます。

 

 

血液の中の尿酸の値が高くなると、関節などに尿酸の結晶が蓄積されていってしまいます。

 

 

尿酸の結晶が溜まった状態で、外から何かしらの強い衝撃を受けたり、何らかの原因によって急激に尿酸値が低下した場合、尿酸の結晶が剥がれ落ちてしまうことがあります。

 

 

この際、尿酸結晶を白血球の一種である好中球が取り込んでしまうと、好中球から炎症を引き起こす物質が放出されます。

 

 

この一連の流れにより、激痛をともなう痛風の発作が起こってしまうのです。

 

 

高尿酸血症と診断されたからといって、必ず痛風が起こるわけではありませんが、高尿酸血症の状態が続くことによって、関節に尿酸結晶が溜まってしまい、痛風の発作が起こる確率がどんどん高くなってしまいいつ痛風が発症してもおかしくない危険な状態になるのです。

 

 

さらに痛風の発作が起こっている部位には、体中から好中球が集まってきています。

 

 

これを白血球の遊走といいます。

 

 

たくさん集まってきた好中球がいっせいに炎症物質を放出すると、激痛が走る仕組みなのです。

 

 

痛風の発作が起きたとき、好中球が集まってくるというはたらきを抑制することができれば、痛風の発作が悪化することを防ぐことが出来ます。

 

 

好中球が痛風発作の発生した部位に集まってくる反応(白血球の遊走)を抑える薬がコルヒチンというわけです。

 

 

痛風発作が起こった際、コルヒチンを服用すると痛風の症状を軽くすることも出来るのです。

コルヒチンの服用タイミングと副作用について

なお、痛風の発作が起こった後に服用するタイミングが早ければ早いほど効果が高いといわれています。

 

 

痛風の発作を起す前、発作が起こる予感を感じたときに早めに薬を服用することも大事になってきます。

 

 

ただしコルヒチンじたいには消炎作用や鎮痛作用はないので、炎症や痛みを抑えたい場合には別の薬を合わせて服用する必要があります。

 

 

またコルヒチンを服用していても、尿酸の代謝にはほとんど影響がないこともわかっています。

 

 

さらには、尿酸の排泄を促進するような作用もありません。

 

 

高尿酸血症を改善したい場合は、尿酸産生抑制薬や尿酸排泄促進薬などの他の薬を服用して、尿酸値をコントロールする必要があります。

 

 

また長期間にわたって服用し続けることは推奨されていません。

 

 

長期間使用したことによって起きる副作用として報告されている症状は、血液障害(発熱、口内炎、皮下出血、だるさ、鼻血、死肉出血など)、手足のしびれやけいれん、筋肉痛、歩行困難、脱毛、吐き気、下痢や腹痛、発疹、かゆみ、生殖器障害(精子の減少や異常など)、肝臓障害、腎臓障害などがあります。

 

 

また持病やアレルギーのある人、妊娠などの可能性がある場合は、必ず医師に相談をするようにしてください。

 

 

飲み合わせや食べ合わせにも注意が必要です。

 

 

他の薬と相互作用をおこしやすい性質が認められるため、飲み合わせによっては副作用が出やすくなってしまうこともあります。

 

 

服用中の薬がある場合は、必ず医師に相談するようにしましょう。

 

 

薬を減らせば一緒に飲んでも大丈夫な可能性もあります。

 

 

また飲み合わせの面では、グレープフルーツジュースと一緒に飲むことは絶対に避けましょう。