コルヒチン

痛風のお薬コルヒチンの飲み方と注意

コルヒチンは、イヌサフランの種、球根から抽出される薬で、古くから痛風発作の特効薬として知られたおります。

 

 

コルヒチンの効用は、発作を起こす引き金となる尿酸が体内に蓄積するのを抑えて炎症や痛み、腫れを改善する効果があります。

 

 

発作を予感した時にコルヒチンを服用することで発作を完全に予防することができますが、いったん発作が起こてからでは服用してもあまり効果が期待できないのです。

 

 

コルヒチンの使用上の注意としては、1日の使用回数と使用時間、1回の使用量については医師の指示を守り、自己判断での服用の中止や増量または減量しないことです。

 

 

また、持病やアルレギー、現在服用中の薬の有無を医師に伝えることで薬害を未然に防ぐことができます。

 

 

妊婦や妊娠する可能性のある人、高齢者、障害のある人にはコルヒチンうを服用できないことがあります。

 

 

コルヒチンの使用における副作用については、発疹などの過敏症状などのアルレギーを起こすことがあります。

 

 

万一、過敏症状が起こったならば服用をやめ、医師と相談してください。

 

 

吐き気や下痢、腹痛、だるいなどの症状が起こった時や血液障害、脱毛、乏尿、血尿などの症状が起こる場合があるので、副作用が出るか否かを知るためにも、指示された検査は必ず受ける必要があります。